セフレが欲しいならナンパより出会い系アプリ?マッチング重視で効率良く探そう

セフレが欲しいと考えている男性なら、ナンパにチャレンジしたり出会い系サイトを利用した経験がある人が多いはずです。
しかし、実際にセフレを確保出来ていないのはなぜでしょうか。
なぜなら、最初からセフレにはなりにくいガードが固い女性を狙っているからです。

セフレにしやすい女性の特徴を知ろう

セフレになってもらえるかどうかは、1度ホテルデートをしてみないと分かりません。
なぜなら、身体の相性が良い場合に限り女性がまた次回も会いたいと考えるからです。
男性とは異なり、女性は居心地が良い男性とドライな関係でセフレを探す傾向があります。

ガードが固い女性の特徴とは

ナンパをしていても成功率が極端に低いのは、そもそもセックス相手を探していない女性に声をかけているからです。
つまり、ガードをしっかりしている女性に声を掛けても、余程のイケメンで無い限り成功しません。

  • キャバクラや風俗店の女性は男性からの誘いを断る術を持っている
  • 彼氏以外とのセックスを嫌悪する一般女性に声をかけている
  • セックスに興味関心が無い女性にアプローチしている

上記のパターンに陥っている限り、セフレ相手を探すことは難しいです。

出会い系アプリに登録している女性は本音と建前を使い分ける

出会い系アプリに登録している女性は、アダルトNGにチェックを入れていてもセフレになってもらえる可能性が高いです。
なぜなら、本当に友人のみを探している女性も中にはいますが、そもそも異性との出会いを求めて出会いアプリを使っているからです。

アダルト目的での声かけNGの女性ほどセフレ候補になる

出会いアプリへ登録していてメッセージ交換出来る女性の場合、何もしなくても毎日ある程度アプローチメールが届きます。
アダルト目的NGという指定をしているからといって、アプローチをして欲しくないわけではありません。
話してみた感じから誠実そうだと思ってもらえれば、会った雰囲気で仲良くなれば1度お持ち帰り出来るかもしれないわけです。
ホテル内では積極的に前戯を頑張って、好印象を持ってもらえればセフレになってくれる可能性が上がります。
いきなりセックスの誘いはNGだけれども、仲良くなったらOKするかもしれないという隠れた意図を探ることが大切です。

出会い系アプリで異性との出会いを求めている女性をセフレにしよう

セフレが欲しいからといって男性が本能のままに下心丸出してアプローチしても、女性からは引かれてしまうだけです。
出会いアプリを利用している時点で男性に下心があることは分かっているので、あくまでも大人の対応をしましょう。
女性の本心が見えてきたタイミングが攻め時だと知っていれば、セフレになってもらいやすいです。